配置、開発、および監督

  1. 配置
    選ばれた参加者は、監督グループによって日本の企業に配置されます。派遣期間は3年間であり、その間、参加者は強い理由がある場合を除き、故郷に戻ることはできず、日本人の許可を得ています。日本での仕事の種類には、製鉄、金属鋳造、棒収縮、農業などがあります。このトレーニング中、参加者は合意に従ってトレーニング手当を受け取ります。2012年12月までに577名の参加者を送りました。そして、3年間の研修を終えてインドネシアに戻った453人。

  2. 開発
    と監督日本に技術技能実習参加者がいる間、LPK MMIは、電話、通信、インターネットによるコミュニケーションに加えて、日本のインターンシップに参加している企業を直接訪問することによって指導と監督を提供します。LPK MMIはまた、保護者とのミーティングを開催し、参加者の家を直接訪問して技術的な作業スキルを練習しました。